頭のゲンキ!教室

イチから始めよう♪

おとなのそろばん

character_noukin

頭のゲンキ!教室

さあ、まなびましょう!
イチからスタートする方のためのそろばんレッスです♪

一時停止も活用しながらビデオで学習しましょう!

このページでは、大人のそろばん① 【第16回】~【第18回】を学ぶことができます。

大人のそろばん①【第16回】

~ 8が引けない時 ~

↑ クリックしてビデオを再生!

 今回は「8が引けない時」を学びます。

では早速、例題をみてみましょう。

例題は「10-8」です。

最初の10は大丈夫ですね。親指で定位点の隣に入れましょう。

しかし、一の位には何も入っていませんのでこのままでは「8」を引くことができません。

このように「8」が引けない場合は、まず10を引いてから2を足します。
こうすることで8を引いたことになります。

(ポイント)
8を引けない時は
< 10を引いてから2を足す>

それでは、練習問題にも取り組みましょう!

大人のそろばん①【第17回】

~ 7が引けない時 ~

↑ クリックしてビデオを再生!

 今回は「7が引けない時」を学びます。

では早速、例題をみてみましょう。

例題は「10-7」です。

最初の10は大丈夫ですね。親指で定位点の隣に入れましょう。

しかし、一の位には何も入っていませんのでこのままでは「7」を引くことができません。

このように「7」が引けない場合は、まず10を引いてから3を足します。
こうすることで7を引いたことになります。

(ポイント)
7を引けない時は
< 10を引いてから3を足す>

それでは、練習問題にも取り組みましょう!

大人のそろばん①【第18回】

~ 6が引けない時 ~

↑ クリックしてビデオを再生!

 今回は「6が引けない時」を学びます。

では早速、例題をみてみましょう。

例題は「10-6」です。

最初の10は大丈夫ですね。親指で定位点の隣に入れましょう。

しかし、一の位には何も入っていませんのでこのままでは「6」を引くことができません。

このように「6」が引けない場合は、まず10を引いてから4を足します。
こうすることで6を引いたことになります。

(ポイント)
6を引けない時は
< 10を引いてから4を足す>

それでは、練習問題にも取り組みましょう!

大人のそろばん①の修了です!

大人のそろばん①では、以下のことを学びました!

・1玉の足し算、引き算
・5玉の足し算、引き算
・6の足し方、引き方
・10の位・100の位の表し方
・5が足せない時、引けない時
・9~6が足せない時
・9~6が引けない時

もうバッチリですか!?

「9~6が足せない時、引けない時」がそろばんの醍醐味です!

まだちょっと不安だな~という人はしっかりと復習をしておいてくださいね!