頭のゲンキ!教室

イチから始めよう♪

おとなのそろばん

character_noukin

頭のゲンキ!教室

さあ、まなびましょう!
イチからスタートする方のためのそろばんレッスです♪

一時停止も活用しながらビデオで学習しましょう!

このページでは、大人のそろばん② 【第1回】~【第5回】を学ぶことができます。

大人のそろばん②【第6回】

~ 3が引けない時 ~

↑ クリックしてビデオを再生!

 今回は「3が引けない時」を学びます。

では早速、例題をみてみましょう。

例題は「10-3」です。

最初の10は大丈夫ですね。親指で定位点の隣に入れましょう。

しかし、一の位は「0」ですのでこのままでは「3」を引くことができません。

このように「3」が引けない場合は、まず10を引いてから7を足します。

こうすることで3を引いたことになります。
※「3と7を組み合わせると10になる」がポイントです。

(ポイント)
3を引けない時は
< 10を引いてから7を足す>

それでは、練習問題にも取り組みましょう!

大人のそろばん②【第7回】

~ 2が引けない時 ~

↑ クリックしてビデオを再生!

 今回は「2が引けない時」を学びます。

では早速、例題をみてみましょう。

例題は「10-2」です。

最初の10は大丈夫ですね。親指で定位点の隣に入れましょう。

しかし、一の位は「0」ですのでこのままでは「2」を引くことができません。

このように「2」が引けない場合は、まず10を引いてから8を足します。

こうすることで2を引いたことになります。
※「2と8を組み合わせると10になる」がポイントです。

(ポイント)
2を引けない時は
< 10を引いてから8を足す>

それでは、練習問題にも取り組みましょう!

大人のそろばん②【第8回】

~ 1が引けない時 ~

↑ クリックしてビデオを再生!

 今回は「1が引けない時」を学びます。

では早速、例題をみてみましょう。

例題は「10-1」です。

最初の10は大丈夫ですね。親指で定位点の隣に入れましょう。

しかし、一の位は「0」ですのでこのままでは「1」を引くことができません。

このように「1」が引けない場合は、まず10を引いてから9を足します。

こうすることで2を引いたことになります。
※「1と9を組み合わせると10になる」がポイントです。

(ポイント)
1を引けない時は
< 10を引いてから9を足す>

それでは、練習問題にも取り組みましょう!

大人のそろばん②【第9回】

~ 4が足せない時 ~

↑ クリックしてビデオを再生!

 今回は「4が足せない時」を学びます。

では早速、例題をみてみましょう。

例題は「13+4」です。

最初の13は大丈夫ですね。親指で「13」を入れます。

しかし、一の位には「3」が入っていますので、このままでは「4」を足すことができません。

そしてまた、以前に学んだ「4を足せない時は6を引いてから10を足す」も、1の位には「3」しかありません(6を引くことはできません)ので使えません。

このようなに「4」が足せない場合は、5を足してから1を引きます。

こうすることで4を足したことになります。
※「4と1を組み合わせると5になる」がポイントです。

(ポイント)
4を足せない時は
< 5を足してから1を引く>
※足し算引き算の順番も正確に行いましょう!

それでは、練習問題にも取り組みましょう!

大人のそろばん②【第10回】

~ 3が足せない時 ~

↑ クリックしてビデオを再生!

 今回は「3が足せない時」を学びます。

では早速、例題をみてみましょう。

例題は「13+3」です。

最初の13は大丈夫ですね。親指で「13」を入れます。

しかし、一の位には「3」が入っていますので、このままでは「3」を足すことができません。

そしてまた、以前に学んだ「3を足せない時は7を引いてから10を足す」も、1の位には「3」しかありません(7を引くことはできません)ので使えません。

このようなに「3」が足せない場合は、5を足してから2を引きます。

こうすることで4を足したことになります。
※「3と2を組み合わせると5になる」がポイントです。

(ポイント)
3を足せない時は
< 5を足してから2を引く>
※足し算引き算の順番も正確に行いましょう!

それでは、練習問題にも取り組みましょう!

少し難しくなってきましたか?

大人のそろばん②【第9回】から、これまでの『10の組み合わせ』に加えて『5の組み合わせ』が入ってきました。

これまでは、「4を足せない時」の解き方は1つだけでしたが、
今回からは「6を引いてから10を足す」バージョンと「5を足してから1を引く」のバージョンの2つに分かれます。

慣れると使い分けは難しくありませんが、最初はじっくりとどちらを使うのか考えてみてください!

大人のそろばん② 【第6回】~ はこちら→ 作成中!