未分類

ボケ対策は40歳から待ったなし!!

認知症は大きな社会問題になりつつあります。

認知症というと高齢者のイメージがありますが、通常のアルツハイマー型認知症のの原因物質である「アミロイドβ」の脳への沈着は40歳くらいから始まるといわれています!

厚生労働省の『新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略) 』によると、認知症の患者数は2025年には約700万人、なんと 5人に1人が認知症になるとの予測がされています。

40歳からボケ物質が脳にたまり始めるとなると、もう人ごとではありません。皆さんにとって認知症対策は喫緊の課題となります。

さあ、認知症を予防するための対策を今すぐ始めましょう!

 

◎参考文献
『40歳からの「認知症予防」入門』伊古田俊夫 著、講談社、2016年。